『2階にあるピアノは処分できる?買取時の注意点』

未分類


家にある使わなくなったピアノを処分したい。
引き取りにきてもらうのは良いが、2階以上の場所に置いてあるピアノは引き取ってもらえるか悩みます。
この記事では、そのような1階以外に置いてあるピアノの引き取りの際、どのような方法があるのかに触れながら処分する際の注意点も説明します。

運び出し方について


2階より上にあるピアノを処分してもらう場合、次の4つの方法で外に出すことが考えられます。
一般的に、上から順に費用が安く済みます。

①自分で運び出す。
②業者に運んでもらう。
③クレーンで窓から降ろす
④一度解体して搬出し、再度組み立てる。

②については、まず前提として搬出ルートが確保できているのが必要です。
アップライトでも200kg、グランドピアノになると400kg以上の重量物です。
3人前後の作業員が必要になりますので、彼らが通れる通路と階段の幅が必要になります。

費用は5,000~10,000円くらいが相場ですが、階段の段差の数で追加費用がかかる場合があります。

③については、通路や階段が狭く、運んで降ろせない場合の方法です。
ピアノの置いてある部屋の窓からクレーン車で吊って直接降ろします。

ユニック車と呼ばれる、クレーン付きのトラックでの搬出が多いようです。
ピアノの移動にトラックが必要なため、費用的には人力と比べてもそこまで余分にかかることは無いようで、大体15,000円くらいにおさまるようです。

④の方法は、クレーン車が入れるような広さが無い場合の最終手段です。
一度室内で運べる大きさに解体し、再度外で組み立てなおす方法です。

組立直した際、調律などの作業がかかるため、紹介した中では一番費用がかかります。
大体30,000円からの業者が多いようです。

これらの費用は追加で払うのではなく、査定額から引いて計算することが多いようです。
現場から業者までの移送費用等、距離によってはさらにかかる可能性もあります。

 

自分でできる?


自分でやる方法ですがこちらは余程のことが無い限りおすすめしません。
ピアノは繊細ですので、ぶつけたり落としたりしまうと簡単に壊れてしまう上、危険だからです。

まとめ


今回の記事をまとめると次の通りです。

①2階より上のピアノは業者で引き取ってもらえるが費用がかかる。
②人力で運び出すか、クレーンで吊り上げるか、解体して運び出す方法がある。
③自分達で運び出すのはピアノ破損の恐れがあるだけでなく、怪我の危険もあるためおすすめしない。

方法にもよりますが、5,000~30,000円くらいの費用で対応してくれる業者がほとんどです。
査定額からは引かれますがそれでもある程度の金額で引き取ってもらえるので、無理せず業者に頼むことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました