ヤマハのピアノ買取価格を比べました!「UX3」について

未分類

ヤマハは世界に誇る日本のピアノメーカーの1つです。

認知度も高く有名です。

大手の音楽教室も経営しているため、身近な存在ですよね。

世界シェア1位の楽器メーカーです。

ヤマハは日本の自動車メーカーが行っている大量生産方式をピアノ生産にも取り入れました。

そのため、安定したピアノの生産ができるようになりました。

ピアノは高級です。

安定した安心感のあるピアノはたちまち人気になりました。

 

「ヤマハのUXシリーズの魅力」や

「中古ピアノの買取価格」についてお伝えしたいと思います。

ヤマハピアノにはたくさんのシリーズがある!

 

現在、ヤマハで発売されているアップライトピアノのシリーズは主に3つあります。

1つめは割と安価で購入できるbシリーズです。インドネシア製造です。小さいお子さんのピアノ習い始めにぴったりです。

2つめはYUシリーズです。60~80万円程度の価格でピアノを本格的に始める方は購入しやすいシリーズです。

3つめは感動の音づくりを目指したひとクラス上のピアノ、YUSシリーズ。100~150万で気品のある外観で高級感が感じられます。

 

その他、ヤマハのアップライトの最高峰SU7 や外観が可愛らしいインテリアピアノがあります。

 

それぞれ特徴があり、ピアノの活用方法に応じて選ぶことができるのも大手の楽器メーカーのよさです。

 

UXシリーズって?

 

1970~1990年にかけて製造されたヤマハ アップライトピアノのUXシリーズ

は背面のX形に組まれた支柱が特徴です。

背面のX形の柱によってピアノ全体を安定させ、輝きのある音色を長く維持できるように作られました。

バランスの良いタッチで高級ピアノような豊かな音の響きがあります。

 

ヤマハのハイグレードモデルとして販売されました。

 

現在、約30年が経過しても、劣化が少なく中古市場にもたくさん出回っています。

特にバブル期に製造されたピアノはきちんとしたものが多いです。

そのため、中古ピアノとしての需要があります。

中古ピアノの買取価格って?

テレビなどで有名なヴァイオリン、「アマティ」やス「トラディヴァリ」を筆頭とする、18世紀前後に作られた楽器が今では1000万円以上するというのを見たことあるかたもいるかもしれません。

 

そのような楽器は非常に珍しいです。

残念ながら、大抵の楽器は古いものは安くなってしまいます。

楽器を売りたい人は、できるだけ早く手放した方が良いです。

 

一般的なアップライトピアノの買取相場は以下の通りです。

 

2000年代のピアノは20万円〜40万円

1990年代のピアノは10万円〜20万円

1980年代のピアノは5万円〜15万円

1970年代のピアノは0円〜10万円

 

約50年前のピアノはほとんど買取価格がつかないものもあるかもしれません。

 

ピアノは使った分、消耗してしまう部分があります。

定期的メンテナンスやパーツの交換が必要です。

使っていないからといって劣化しないわけでもありません。

木で出来ていますので、湿度や温度で変わってしまいます。

 

ピアノ買取業者は、買い取ったあとに様々なメンテナンスを職人が手作業で行い

再び販売します。

 

音の調律はもちろん、鍵盤のずれやフェルトの交換など、ピアノの内部は非常に複雑です。

5万円で買い取った楽器が30万円で売っているのは簡単に言えばメンテナンス料金です。

フェルトの交換だけでも20万円近くかかる場合もあります。

UXシリーズの参考価格について

 

UXシリーズはX支柱のため非常に頑丈なモデルで人気もあります。

1970年代、当時は55万円程度で販売されていました。

現在から、約40年前の高卒の初任給は6万円程度です。現在の同初任給は18万程度なので、大ざっぱにいって現在の3分の1ほど、という時代でした。

そのような時代に55万円のピアノはとても高価なものでした。

しかし、丁寧な作りと頑丈なボディのおかげもあり現在の買取価格の相場は15万円前後です。

UXシリーズは大変人気でした。

UXシリーズでも1980年代後半のモデルは20万円以上で買取をしてもらえる可能性もあります。

最後に買取をしてもらう際のコツをお伝えしたいと思います。

 

買取をしてもらう際のコツはクリスマス時期

いつ売ろうか迷っている方は、ぜひ売却時期も参考にしてみてください。

 

一円でも高く買い取ってもらいたい人は買取時期は12月を狙いましょう。

ピアノは高価な買い物です。

すぐに買えるものではありませんのでイベントに合わせて買う方が大半です。

年に一度のクリスマスはとても特別なイベントであり

ボーナスをきっかけに高価なものを買うのに適した時期です。

ピアノ業界でもっとも売れやすい時期です。

 

よく売れる時期が買取価値もあがる時期となります。

 

近年、ピアノを習い始める年齢は様々です。

小さい子どもから、社会人、高齢者まで、様々な年代に向けた音楽教室が展開しています。

それに伴い、中古ピアノの販売も増えています。

そのため買取も多くなっています。

使っていないピアノはぜひ、売却を考えてみるといいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました