ヤマハのピアノU3の買取査定のコツと相場を教えます!

未分類

世界シェア1位の楽器メーカー、ヤマハは世界に誇る日本のメーカーです。

楽器販売や音楽教室の経営だけでなく、バイクなどもあり身近な存在ですよね。

ヤマハは日本の自動車メーカーが行っている大量生産方式をピアノ生産にも取り入れたことで安定したピアノの生産ができるようになりました。

そんなヤマハのピアノが自宅で眠っている方も多いのではないでしょうか?

ピアノは残念ながら経年劣化してしまいます。

使っていないとなおさら、買取価格は下がっていく一方です。

ピアノの売却を考えている方はぜひ、これを読んで買取査定してみましょう。

ピアノは処分するより買取に出そう

生活スタイルが変わって断捨離をする方も多いと思います。

自宅で眠っているピアノを「どうにかしたい」と思いますよね。

大きさも重さもあるピアノは存在感もあり、部屋を圧迫してしまいます。

処分するにも「粗大ゴミ」では受け付けていないことがほとんどです。

手軽に買取してくれる「リサイクルショップ」もピアノの買取は引き受けてないことが多いです。

※電子ピアノは粗大ゴミやリサイクルショップで受け付けてくれる場合もあります。

ピアノは中古販売専門店に買い取ってもらうことが一番です。

査定のコツ①

 

買取査定の相場を調べるためには、楽器の情報を正確に知る必要があります。

しかし、ピアノを少し習っていたとしても、ピアノの弾き方のレッスンがほとんどです。

ピアノの構造までは勉強しません。

ピアノには品番や製造年月日、調整の記録をしているカードがあります。

それらを調べることで楽器の情報がわかります。

 

アップライトピアノ品番と製造番号を知るには、まず天屋根のフタを開けます。

覗きこむと金色のフレーム右側または中央に刻印されています。

グランドピアノは大屋根を開けて、本体内部にあるフレームの右上面にあります。

大抵はアップライト、グランドピアノ、どちらにも本体内部に「調律カード」があります。

それにも品番と製造番号の記入があります。

売りたい楽器の情報を知ることで買取相場の想定もできます。

 

ヤマハUシリーズの特徴

 

ヤマハ「Uシリーズ」は1950年代~1080年代に製造されました。

製造年数が長く、人気のあるピアノです。

アップライトピアノとしては一般的な大きさです。

 

ヤマハがスタンダードモデルとして定番化し、長い歴史を持つのが「Uシリーズ」です。

中でもU3タイプは背の高さが131センチと高さがあります。

アップライトピアノでも小さな音から、大きな音まで、より表現力を求めるのであれば、U3タイプがおすすめです。

製造から50年以上経った今でも、余裕のある音量と響きを兼ね備えています。

そのため、中古販売も多く出回っています。

U3はU3AからはじまりU3B~U3Mにつづきます。

さらにU30シリーズになりU300で「U3シリーズ」のエンディングとなります。

 

なかでもU3Bに関してはデザイン性があり、希少価値が非常に高いです。

中古市場でも買取り価格が販売価格を上回るほどだといわれています。

 

U3Eからは工場での大量生産を取り入れ安定した供給ができるようになった時期に作られています。そのため、当時の販売価格も安価になりました。

 

「Uシリーズ」のエンディングとなったU300は培ってきた知識や経験が全ての最終版とも言えます。

 

「Uシリーズ」だけの歴史でも奥が深いですね。

「Uシリーズ」の相場は?

中古楽器でも「Uシリーズ」は安定した相場で出回っています。

中古販売価格は約20万~です。

アップライトの新品楽器を買うと50万~が大半ですので、かなりお手頃な価格で購入することができます。

 

しかし、買取価格は10万円以下がほとんどです。

人気のある「Uシリーズ」でも、楽器の状態によっては2.3万円になる可能性もあります。

「Uシリーズ」は中古販売でも人気があり、知名度も高いため

ほとんどの買取業者はそれなりの値段をつけるはずです。

 

在庫をもっておいて損のないシリーズのため時間に余裕がある人は

複数の買取業者に査定を依頼して少しでも高く買取をしてもらえるようにしてみましょう。

 

初代のU3Aは、上品な音色を奏でるハイグレードなピアノとして評価を得るました。

1度目のモデルは2本ペダル、2度目のモデルは3本ペダルで外見の見分けがつきます。

1度目のモデルは1950年代のものです。

2度目のモデルは1980年代のものですので、買取相場を調べる際には注意が必要です。

知識がある買取業者を選ぶのも大切ですね。

中古楽器は買取をしたあとに専門家や職人による手入れが大変です。

楽器はとても繊細なため、綺麗な状態に復元するには時間もお金もかかります。

そのため、買取価格は非常に安くなることも多いです。

20万以上で売るものを3万程度で買い取りされてしまうのは

残念に思うかもしれませんが、つぎの世代に楽器を引き継ぐことは大切です。

家で使ってないピアノはぜひ買取に出してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました