ピアノメーカー「ロレックス」の買取について知っておきたいこと

未分類

ずっと使っていないピアノ、古いため修理代がかかるピアノなど様々な原因で

「そろそろ、家のピアノをどうにかしないとなぁ。」と思っている方も多いと思います。

ピアノの処分はどうしたらいいの?

ロレックスのピアノって売れるのかな?などの疑問に対して、

音大出身者がピアノの買取に対する知識をお伝えします。

 

ピアノを手放す方法

 

ピアノは処分する際には、自治体で粗大ゴミとして出すことはできません。

大きさも重さもあります。

楽器は非常にデリケートなため、輸送する場合も注意が必要なため

簡単に手放すことができません。

ピアノを手放す方法としては、ピアノ買取業者に売却するか不用品回収業者に回収してもらうなどです。

不用品回収業者によっても、回収してもらえない場合もありますので

ピアノ買取業者に頼むのが一番、簡単な方法です。

中古楽器の専門店に聞いてみると良いです。

楽器を購入したお店へ聞いてみると紹介してくれる場合もありますよ。

 

ただし、電子ピアノは自治体によって「粗大ゴミ」で回収してくれる場合もあります。

処分したい楽器が電子ピアノか、ピアノかをしっかりと把握しておきましょう。

 

 

ピアノメーカー「ロレックス」って?

 

楽器のメーカーでは日本で馴染みのある「カワイ」「ヤマハ」が認知度も高く有名です。

大手の音楽教室も経営しているため、身近な存在ですよね。

特に「ヤマハ」は世界史シェア1位のメーカーです。

日本の自動車メーカーが取り入れた大量生産方式をピアノ生産にも取り入れたからと言われています。

さらに、日本は4世帯に1台はピアノを保有していると言われているほどです。

音楽の本場、ヨーロッパに比べても多いようです。

 

そのため、日本のピアノのメーカーは非常にたくさんあります。

その中のひとつ「ロレックス」は、大成ピアノという会社が製造していました。

拠点は、日本有数のピアノ産地として知られた、静岡県浜松市にありました。

木製のピアノを作る会社として、一時はそれなりの販売数を記録していたようです。

 

明るくてさわやかな音色が特徴です。

タッチは、少しグランドピアノを意識するような、重みを感じながらも軽快で弾き易く、申し分ありません。

デザインも可愛らしく、猫脚のものもあります。

商品によっては、世界のトップブランド「スタインウェイ」などにも使用されているドイツ製のハンマーフェルトや低音部のアグラフなどを採用しています。

今も根強いファンもいることでしょう。

 

しかし、残念ながら現在は「ロレックス」というメーカーのピアノは製造していません。

さらに大成ピアノという会社自体がなくなってしまいました。

でも中古市場に、ロレックスのピアノが出回ることがあります。

希少価値であるため、中古品の需要も期待できます。

 

ピアノを高く買い取ってもらうために。

誰でも物を売るときは少しでも高く売りたいですよね。

ピアノは高価なものです。

手放すからにはそれなりの値段がついてほしいですね。

ピアノの査定にはピアノの詳細が必要です。

品番や製造番号が必要になります。

製造番号はアップライトピアノの場合は蓋を開けて、ピアノの弦がとまっている部分の金色の部品に書いてあります。グランドピアノの場合も、蓋を開けて、弦がとまっている部分の左側の端に刻印がしてあります。

いくら製造年が古くても貴重な品番だった場合は買取も高くなります。

中古でも需要がある場合は高価な値がつくこともあります。

自分自身がピアノの価値を知り、価値がわかる業者を探すことが高く売るコツです。

さらに、査定日までにきれいに磨いておくと良いと思います。

柔らかい布で、鍵盤についている指紋や汚れを拭きましょう。

なかなか落ちない汚れがある場合は、水で湿らて固く絞った柔らかい布で拭きます。

その後、乾いた布でから拭きをしましょう。

アルコール溶剤や洗剤を使うとひび割れする危険があるので使用は避けてください。

中古販売する際には専門家がきれいにクリーニングします。

そのため多少の汚れや傷は査定に大きく影響しません。

出来る範囲で磨いておけば大丈夫です。

さらに、ピアノの買い取り業者が商品数を増やしたい時期はクリスマスです。

そのため、11月頃から買い取り価格を上げてピアノの数を増やします。

少しでも高く売りたいと思うならば、売却の時期を調整するのもコツですね。

 

 

まとめ

最近販売されているピアノであると5~10年が寿命とも言われています。

しかし、一方で、昔に作られたピアノは、100年経過しても弾けるものもあります。

「ロレックス」のピアノは1990年ごろに発売されていました。

バブル時代に作られたピアノの一部は、高級な材料をふんだんに使って作られているものもあります。

そのため、今でも高い人気があるようです。

今は販売されていないからこそ、中古での需要があるため買取してもらうには最適です。

自宅で使っていない「ロレックス」のピアノがある方はぜひ買取を検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました